三浦国際市民マラソン2019

ランニング
参加証は三浦大根

もう先週の話となってしまいますが、三浦国際市民マラソンを走ってきました。

この(ハーフ)マラソンは昨年初めて参加してから2回目です。それまでは、この時期主に小田原尊徳マラソンに出ていたのですが、ついでに桜まつりを散策するのも良いなと思い、またそれが奥さんをマラソン行事に連れ出す口実にもなってよいなと思って、昨年から切り替えています。今年は小田原尊徳とは重なっていなかったみたいですが、東京マラソンとは重なったみたいですね。

さて、当日はあいにくの雨。少し風もあり、ここ数日暖かい日が続いただけに急に冬に逆戻りしたような寒さでした。東京マラソンでは、大迫選手のリタイアもあったようですが、気をつけないと体調を悪くしてしまいそうなコンディションでした。

駅前はしっかり河津桜が咲き、若干葉桜気味でした。雨は若干強めで、5kmにエントリーしていた奥さんは早々とリタイアを決め込んで走る格好すらしていませんでした。んー、参加料がもったいない(笑)。

このマラソンは全部で1万人ほどが走る、かなり大きな大会です。最寄りは三浦海岸駅なので、三浦半島のほぼドンつきのような場所で、交通機関も京急一択のような場所ですが、やはり横浜からのアクセスが良いからか、東京マラソンの裏にしてはものすごい人がごった返しています。行きの電車は、たくさんの増便が出ているにもかかわらず、ほぼほぼ満席で、平日のラッシュアワーさながらです。今年は、戸塚からブルーライン経由で、上大岡から京急に乗る作戦を実行してみましたが、かえってラッシュに長時間乗る羽目になり、イマイチでした。やはり昨年同様、横須賀線から久里浜経由で行くのが吉だったと後で思いました。

今年の結果は…というと

レースデータ

昨年との比較

三浦国際市民マラソン2019

昨年から約13分と大幅に縮めてのフィニッシュ。若干アップダウンがあるコースなので、あまり期待はしていませんでしたが、それでも目標の1時間45分は切れたので、大満足です。かなり全盛期の体力を取り戻しつつあるという実感があります。体重はこの半年ほどずっと73kg前後なので、あまり絞れている実感はないのですが、内臓脂肪が筋肉に変換されつつある…と信じましょう。

レース運び

ラップタイムと高度

さて、フィニッシュ後はびしょ濡れで、体も心もカチコチだったので、参加証の大根とTシャツをもらい、そそくさと撤収しました。男性更衣室は、駅の反対側の小学校なので、そちらに向かって歩いていきましたが、途中のマホロバマインズについつい引き込まれ、日帰り入浴と、スペシャルランチをいただいてしまいました。この配置はまったくもって罠ですね(笑)。

マホロバマインズで身も心もほくほくとなってからは、結局雨が止むこともなかったので、桜まつり散策はあきらめ、早々と切り上げて帰宅の途につきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました